重要なお知らせエリアを非表示

毛七



蘇る、羊毛。

和服は反物を裁断する際、生地の余りが出ないように考えられています。

それは、資源を無駄にしない事を常としていた日本人の心の現れです。

中でも「羊毛は」、牧羊に苦戦した我々にとって特に貴重な天然繊維でした。

愛知県一宮市を中心とする日本最大の繊維産地、「尾州」では、古くより羊毛再生の文化があります。

使わなくなった衣類は集められ、 反毛することで、再び繊維に戻し生まれ変わります。

手間暇を惜しまない事で、羊毛は何度でも蘇り、豊かな暮らしを与えてくれるのです。


“毛七”


半世紀前より紡がれる、羊毛の輪廻。




Access

大鹿株式会社 
  愛知県一宮市栄三丁目6番7号
0586-735131

※生地の商談は予約制となります。